ツール

【Canva】SNSやサイトの画像が簡単に作れる?登録から使い方まで

  • ブログを始めたけど、画像の編集が大変……
  • PhotoshopやIllustratorとかも良く聞くけど、なんだかハードルが高そう
  • とにかく簡単にオシャレな画像を作りたい!

そんなお悩み、「Canva(キャンバ)」で解決!

今のご時世、何かと画像などのデザインをすることがありますよね。

ミーゴラン

あっ、こんにちは、おとおしゃんのコングロマリット(=おとコン)ミーゴラン(@thrs_f)です^^

「Canva(キャンバ)」は、デザインの知識がなくとも、TwitterやFacebookなどをはじめとするSNS用の画像から、ブログに使用する各種画像などを簡単に作ることができるWebツールです。

デザインの素人からすると、専門的な用語等はあまり必要なく直感的な操作だけでもある程度使用できるので、かなり重宝しています。

今回は、そんなCanva(キャンバ)の登録手順、基本的な使い方について紹介いたします。

あ、あと私、これ使い始めてからしばらくの間「カンヴァ」って読んでたんですけど「キャンバ」らしいです。

普段、同じ話題について話をする人がいないと間違いに気づきにくいですね。よろしくお願いします。

Canva(キャンバ)について

Canva(キャンバ)は、Web上で使用できる画像編集のツールです。

画像クリックで移動します

アプリのインストール等も不要で、アカウントさえ作ればだれでもどこでも使えます。

テンプレートの種類や使える日本語のフォントも豊富で、登録してすぐに使うことができます。

また、有料のプランもありますが、個人利用であれば無料のプランで十分なほど機能は充実しています。

このブログのアイキャッチもCanvaで作成しています。デザイン力の関係でオシャレかどうかは置いておいて。

Canvaの登録の流れ

Canvaにアクセスする

Canvaの登録ページへ移動します。

登録内容を入力する

名前、Eメールアドレス、パスワードを入力します。GoogleやFacebookのアカウントでも登録できます。

登録完了

これだけで登録完了です。

有料プランの案内が表示されますが、必要なければ「後で」を押してOKです。

なおこの時、登録したアドレス宛にメールが届きますが、メールアドレスを確定せずとも使うこと自体は可能です。

これだけで完了です^^

あとはガンガン使い倒しましょう。

「Canva」の基本的な使い方

「デザインを作成」する

ホーム画面右上「デザインを作成」をクリックし、画像のサイズや編集したい写真などを選択します。

画像を配置する

作成画面が表示されるので、使いたい写真等を入れ込んでいきます。入れた画像をクリックすることで拡大・縮小や切り取りもできます。

今回はテストなので適当に画像を配置しました。センスがないとかではないです。

テキストを入力する

必要に応じてテキストを入力します。テキストは自由記入することもできますし、画像左側の通りステキなテンプレートも多数あります。

入力したテキストをクリックすることで、文字の大きさやフォントも自在に変更できます。

日本語のフォントもある程度揃っているので、色んなバリエーションが作成できそうですね。

保存する

画面右上「ダウンロード」から任意の形式でダウンロードします。

ざっくりとしたことしか言いませんが、ポスター等の大きく印刷する場合はPDF形式がいいのではないかと思います。

この他にも名刺やパンフレット等、いろんなテンプレートがあるので、個人事業主の方など自分で名刺を作成したい方にもおすすめです。

また、今回は画像の作成だけ説明させていただきましたが、明るさやぼかしの調整などその他の機能も盛りだくさんとなっております。

作成以外の機能について

CanvaはWebツールであるため、クラウド上にデータを保存しています。

そのため、出先のパソコンからはもちろん、スマートフォンにもアプリがあるので手軽に修正や作成ができます。

有料版になると複数人で同時に操作することも可能になるそうです。

何人かでデザインを決めたいときにも良さそうですね。

デザイナーさんが集まってデザインについて議論してると想像するとなんか「アツい」ですね。

まとめ

Canvaについて紹介させていただきました。

ブログももちろんですが、日々仕事をするうえで、簡単なデザインをすることは多いですよね。

有料のツールを使う予算があって、なおかつ使いこなせスキルがあるのであれば他のソフトなどを使う方法もあります。

ありますが、無料のツールがあるのであれば試してみるのもアリですよね。

その中でも特にCanvaは使い勝手バツグンです。

あまりこういったツールに触れたことのない方から、デザインの経験がある方まで幅広く使えるかと思います。

ただ、最後に自分の話をして申し訳ありませんが、やっぱりそれなりのデザインを作るためにはそれなりの勉強が必要ですね……

まだまだこれからも勉強です。

お疲れ様でした。