「異動」の怖さ

【ACマスターカード】異動があっても大丈夫?メリットとデメリット

あっ、毎度ありがとうございます、ミーゴラン(@thrs_f)です^^

以前、誠に恥ずかしながら、私は過去に信用情報にきずが入ることを示す「異動」が掲載されたという記事を書きました。

信用情報のブラックリスト「異動」とは? どうも!絶賛育児中、「赤ん坊が泣き続けるのなら、時には耐え抜くことも必要である」 ミーゴラン こんにちは、ミーゴラン(@thr...

実は、この記事をお読みいただいたたくさんの読者様から、いろんなお声をいただきました。

  • その後、クレジットカードは作れたの?
  • 結局「異動」になっていると信用情報は積み立てられないの?
  • ミーゴランさん、頑張ってください!
  • 私もいい加減な生活をしていましたが、この記事を読んで考え直しました。
  • 自暴自棄になりかけていたところを、似たような境遇の人がいて救われました。

えーと、ここまで全部嘘です。本当は今のところ何も反響はいただいていません。そよ風も吹いていませんです。それくらいたくさん反応をいただけるようになりたいな、と思っただけです。

ただですね、実は「異動」があったとしてもクレジットカードを作れることもあるんですよ。ここからは真実しかお話しないのでご安心ください。

アコムマスターカードを知る

「異動」が掲載されると、どうしてもクレジットカードやローンを使うことができない。

それらができないということは、クレジットヒストリー=クレヒスが積み上げられない、つまり信用情報を築いていくことが難しい状態です。

最終的に「異動」の記録がなくなってから再度申し込めばいいだろう、と考えていましたが、なんとかそれまでに少しでもクレヒスを積み上げられるものはないものか。

できる限りの範囲で調べていった結果、ひとつだけ試していないものがありました。

アコム株式会社が発行している「アコムマスターカード」です。

アコムというと、CMもやっていて認知度もかなり高いため、信頼もされている会社だと思います。

しかも株式会社三菱UFJフィナンシャルグループの子会社となるため、要は「銀行」の子会社でもあるため、社会的信用も高い。

しかしやはり「消費者金融」となるため、はっきり言って「なにかやらかしたり注意書きをよく読まなかったりしたら、いつの間にか借金させられてしまうのでは……」というように正直不安も大きかったです。先に謝罪いたします。申し訳ありません。

ただ、これ以上に失敗をすることは控えたい。

そのため、このアコムマスターカードについてはかなり下調べをしました。

結果、以下のことは把握できました。

  1. 現在は「キャンシングなし」のカードはない。
  2. これまでの信用情報よりも「現在の収支」が重視される。
  3. 返済はすべて「リボ払い」になる。
  4. 通常のクレジットカードに間違いはないので「クレヒス」は積み上げられる。

おとおしゃん
おとおしゃん
「キャッシング枠」があることと返済がすべて「リボ払い」になることは、はっきり言って不安要素でした(自律できていなかったので)。

以前は「ショッピング専用」のカードもあったそうなのですが、現在は「キャッシング機能付き」のカードしかない。

私は間違っても不要にお金を借りるといったことは避けたかったので、その点はかなり固執していました。

少額でも「クレジットカードを利用して期日通りに返済をしている」という事実を作っていきたいだけなので、正直に言うとキャッシングは必要ありません。

また、他のクレジットカードを申し込む際も「キャッシング枠」が0円だと若干だが審査が通りやすい、ということも聞いていたためキャッシング不要にしていました。

そういった不安な点もありましたが、申し込むことそれ自体にはデメリットはない。

何よりこれだけ社会的信用がないにも関わらず「クレジットカード」が作れる可能性があることは希望でした。

簡単ではありますが、申し込んでみてどうだったかをまとめていきます。

※残念ながら、申し込んだ際のメールやPDF等の記録が残っていなかったため記憶ベースの記事となります。

注意点その1:審査結果のメールがわかりづらい

「キャッシング機能付き」のカードであること自体は不安があるが仕方がない。

結局は自分が「借入」をしなければ良い話、そう考えて申し込みを行いました。

皆様ご存じかとは思いますが、クレジットカードの多くはネット上から申し込みができます。

アコムマスターカードもネットから申し込みができました。

情報入力が完了してから「申し込みを受け付けました、審査中です」とメールが届いたため、あとは祈るばかりでした。

そして翌日「カードの利用準備ができました」といった旨のメールが届きました。

「おっ!やった!」と思い「契約内容」が記載されたPDFをよくよく確認してみると、そこには「カードローン契約/キャッシング枠50万円」の記載が。

「えっ、カードローン?クレジットカードを申し込んだよね?」

何度も契約内容を確認し、また申し込んだページを確認したがやはり「クレジットカード」のページから申し込んでいました。

注意点その2:カードローンとクレジットカードは同時に申し込まれる

「何か間違ったのか?入力に誤りがあったのか?」

何度も契約内容を見直しながら色々と考えましたが、申し込みの手順自体に間違いはない様子。一旦、アコムのカスタマーサービスへ連絡してみました。

結論を言うと申し込み自体は間違いではなかったが、アコムマスターカードは「カードローンとクレジットカードを同時に審査する」ということで、私の場合は「カードローンは使える審査が通ったがクレジットカードは通らなかった」とのことでした。

おとおしゃん
おとおしゃん
覚悟はしていたけど、「望みがなくなった」のはやっぱりショックだったなぁ~。

驚太郎
驚太郎
完全な「黒」ッ!バリバリの「クレバス」ッ!!

おとおしゃん
おとおしゃん
うるさい。

失意に打ちひしがれながらも「クレジットカードとして使えないのであれば今回はキャンセルします」とお伝えしその電話は終了しました。

この通り、契約内容をよく確認しなければ、ぬか喜びで「カードローン」だけのカードを受け取るところでした。

ここまでの要点まとめ

  1. 一度カードを申し込むと申し込み先に関わらず「カードローン」と「クレジットカード」の両方に申し込まれる。
  2. 「クレジットカード」の目的で申し込みをしても、それに否決されたことは直接的に通知されない。

こういった点から、自分が申し込んだ内容はしっかり把握しておくことの重要さを学びました。「ご契約内容はしっかりとご確認いただく」ことって大事なんですね。

ACマスターカードも作れなかった

「カードローン」は使えるものの、「クレジットカード」の機能はなし。結局「クレジットカード」は審査に通らなかった。

普段、楽観的な私ですが、まぁ~~~~~~~~~~~この時は割と凹みました。

薄々心の準備的なものはしていたつもりでしたが、カードローンだけかい、みたいな。

しかし、そう思っていた翌日、また別のメールが届きました。

「お申込みをお待ちしております」といった旨の内容だったと思いますが、クレジットカードとして使えないのであればキャンセルすると、電話でお伝えはしたはず。

上手く伝わっていなかったかな、そう考えつつ、「キャンセルの場合は再度ご連絡を」とあったので改めて電話をしました。

以下、覚えているかぎりの会話内容です。

私「あの、すみません、先日カードを申し込んだ者ですが」

カスタマーサービス(以下『カ』)「はい、お問い合わせありがとうございます。まずはお客様確認でお名前と生年月日をお願いいたします」

私「はい、~~、==です」

カ「ありがとうございます。お客様の確認が取れました。本日はいかがなさいましたでしょうか?」

私「はい、先日カードローンしか使えないとのことだったのでキャンセルすることをお伝えしていたのですが、まだ取引に関するメールが届いていたので正式にキャンセルをしたいと思ってお電話しました」

カ「左様でございましたか……ちなみに、今回はクレジットカードのご利用をご希望であった、ということでございますか?」

私「はい、そうですね、キャッシングしか利用できないのであれば今回はご遠慮させていただこうかと」

カ「かしこまりました、よろしければお伺いさせていただきたいのですが、クレジットカードはどういったご理由でお申込みいただきましたでしょうか?」

私「そうですね、月々の支払いをクレジットカードにして、信用情報を積みたいと考えていました」

カ「ありがとうございます、恐れ入ります、今一度審査状況を確認してまいりますのでお待ちくださいませ」

私「え、はい(審査状況……?)」

―――保留音―――

カ「お待たせしました、改めて確認いたしましたところ、お客様はクレジットカードも使える状況であることがわかりました」

私「(ファッ!?)えっ、大丈夫なんですか?」

カ「はい、審査は日々状況が変わるため改めて確認をいたしましたところ、お客様のお申し込み内容にてご利用いただける状況でございます」

私「(そういうのもあるのか)そうなんですね」

カ「はい、つきましては再度ご登録いただいているEメールアドレスにご連絡いたしますので、そちらからお手続きをお願いいたします」

私「あ、はい、わかりました。ありがとうございます」

いや、大丈夫なのかよ。

 

ということは決して思っていませんでしたが、「クレジットカードを持てる」ということはとても嬉しかったです。

この時点で、「異動」が掲載されてから3年程だったため、少なくともあと2年はクレジットカードは作れないかもしれない。

そう思っていたため、この時は若干複雑な気持ちでありながらも気持ちは高揚していました。

その後、改めて届いたEメールを元に、アコムの無人機にてカードを発行。

↑画像は公式サイトから。

無人機で受け取った場合、エンボス加工のないものとなります。

平たいクレジットカードはなんとなくかっこ悪いなと感じましたが、贅沢は言えないなと。

おとおしゃん
おとおしゃん
実際には改めて「書面で郵送」で申し込めばエンボス加工のものを送ってもらえるそうなんだけどね。

けれどこれでようやく「クレジットカード」を手に入れた。

結論から言うとこのカードは半年も使わなかったのですが、数回利用してみてよかった点と気になった点を簡単に記載します。

でも作れたので使ってよかった2点

実質初めてクレジットカードを持つことができたので、初めは「とても便利なものだ」と思っていました。

現金がなくても使える

使ってよかったこと、これに関しては当然のことですが「クレジットカード」として使えること。

これまではほぼ常に「現金払い」で生活していましたが、「カードを出す」だけで会計が済ませられることはある意味感動に近いものもありました。

また、CICの信用情報にもしっかり掲載されるので、返済をしっかり行っていれば「良い情報」も積み立てられる。

当時「信用情報」という武器がほとんどなかった私にとってはかなり心強いクレジットカードでした。

年会費がかからない

今は年会費無料のカードは数多くありますが、一般に「信用の少ない人」でも持てるクレジットカードの中でもほぼ唯一と言えるカードなので、これが年会費が必要だったりすると少し躊躇してしまったかもしれません。

しかし「年会費永年無料」なら、持つだけならデメリットは0なので、その点はとても安心でした。

ACマスターカードを使って気になったこと4点

逆に、数回しか使っていませんが、気になる点はいくつかありました。

チャチャ丸
チャチャ丸
贅沢言うなでござるwww

おとおしゃん
おとおしゃん
まぁ、そりゃそうなんだけどさ。

返済はすべて「リボ払い」

これは申し込む前から把握していたことではありますが、実際これは結構常に気にしていました。

昔、女友達からネットワークビジネスに誘われた時、いわゆるキャッシングリボで30万借入してそこからの返済がもんのすご~~~~~く面倒だったのを覚えていたためです。

しかも、「指定の銀行口座から引き落とす」という申し込みもできるのですが、その場合もアコム側で設定された料金に応じた金額をリボ払いにて支払い。

私はどうしてもリボ払いというものをしたくなかったので引き落としにはせず、以下の方法をとっていました。

一括で支払うには手動で手続きする必要がある

アコムは通常のクレジットカードと異なり「一括/分割」の概念がないので、すべて自動的にリボ払いになります。

おとおしゃん
おとおしゃん
「毎月の支払いの負担を減らして滞りなくかつ長く返済をしてもらう狙い」かどうかは知りませんけどね。

そして毎月の締日のあと、翌月の6日までに支払いの確認がなかった場合に「リボ払い」としての手数料がかかります。

つまり、それまでに全額の返済を済ましてしまえば実質「一括払い」として利用することができます。

ただし、銀行での引き落としに設定していても月々引き落とされる金額は「使った金額に応じたリボ払い分」だけなので、一括で支払うためには専用のATMや三菱UFJのネットバンキングからの振り込みが必要になります。

そうやって「やりくり」していくことで一括払いのクレジットカードとして利用することもできますが、やはり余計な手間はかけたくないのが正直な気持ちでした。

ポイントが付かない

これは本当に「贅沢言ってる」のはわかるのですが、カードを使ううえでのメリットの一つにポイントがあると思います。

しかし、アコムマスターカードはポイントは一切ないので、還元率の良いカードを持てる人にとっては使う優先度は低くなると思われます。

なにかあると「融資」を勧められる(気がする)

あくまでクレジットカードは「カードローンのオプション」という位置づけになっているためか、だいたいカスタマーセンター等へ連絡したりすると「借入のご予定はございませんか?」と最後に聞かれます。

また、支払い状況を確認できるサイト上でも「キャッシング」のほうが見やすくなっている印象を受けたり、やはりあくまでも「カードローン」としての色合いが強いのかなと感じました。

まとめ

紆余曲折ありましたが、結果として「クレジットカード」を手に入れました。

ただやはり、通常のクレジットカードとは若干毛色が異なるものになるので「これまでクレジットカードを持ったことがない」ので試しに持ってみるか、という人向けです。

もしくは私のように「諸事情によりクレジットカードの審査が通らない」人が初めの一枚として持つものなのかな、という印象でした。

ポイント還元のトクなどもあるので、他のクレジットカードをすでに持っている場合は恐らく利用することはないのではないかと思います。

この記事のまとめ

  1. ACマスターカードが一度審査に通らなかったとしても状況は日々変化している。
  2. クレジットカードとしては問題なく利用できるが、他のカードを利用できるのであれば優先度は低い。
  3. 契約内容はしっかりご確認ください。
  4. ご利用は計画的に。