ライフ

【メガネのくもり止め】サイモン FOG STOP CAN

曇人(どんじん)
曇人(どんじん)
メガネが曇る……
曇人(どんじん)
曇人(どんじん)
メガネが……
曇人(どんじん)
曇人(どんじん)
………………………………………
曇人(どんじん)
曇人(どんじん)
曇る。

 

曇りますよね。メガネは。

ミーゴラン
ミーゴラン
こんにちは、おとおしゃんのコングロマリット(=おとコン)ミーゴラン(@thrs_f)です^^

私もアイコンのみならず、メガネをかけています。人前に出る時はマスクもします。

本当はマスク嫌いなんですけど、ご時世ですからね。

そこで今回、年末にようやく「メガネの曇り止め」を買いましたので紹介します。

メガネ拭き感覚で使えるくもり止め

私は長いことメガネをかけている生活をしていますが、普段人前にでることもあまりなく、かつマスクが苦手なこともあってそれほどこれまでは困っていませんでした。

しかし、コロナのこともあり、どうしても外に出る時はマスクが必須になりました。

いつの日かマスクを外して堂々と外を歩けるまで、メガネをかけている人は白い靄と戦い続ける必要があります。

さながら、まだまだ先行きの見通せない、このコロナ渦のようにね!!!!

ということで、このまま無対策でいるのも余計にストレスがかかるので、くもり止めに何か良いものがないかなと探していたところ良さそうなものがあったので購入しました。

サイモン(SIMON) フォグストップ缶 (FOG STOP CAN)

メガネのくもり止めというと、これまでは正直「何か面倒な処理が必要なんだろうな」という一心でした。

それ故にそもそもくもり止めを買うということが億劫でもあったのですが、とにかく楽なものを探していたところ、こちらを発見。

価格も1000円くらいだったので、お求めやすい価格になっています。

事前に汚れをふき取った方がよさそうな感じはありますが、メガネ拭きと同じように表面を撫でるだけで良いという親切設計です。人間は、楽をしようとすると際限がない。

大きさは、思っていたよりも2回りほど小さかったです。

5センチくらいの缶に、シンプルに布が入っているだけ。

セイ龍(ロン)
セイ龍(ロン)
布て。

使用感はどうだ……?曇らないのか……?

さて、いざメガネの汚れを一度キレイにふき取ってから、いざお試し……!!

むっ……?

むむむっ……??

う~~~~~~~む。

 

くもりを「止める」というよりも、すぐに晴れる

過度に「曇らない」を期待すると良くないのかもしれませんが、曇ってもすぐクリアになる、という印象でした。

ただでさえ温度差で曇りやすい時期でもあるので、少しでも軽減できるのであれば効果はあるかなと思います。

まとめ:メガネのくもりにストレスを感じたら

メガネとマスクは、食べ物で言うと刺身と生クリームくらい相性が悪いです。

それでも社会で生きていくためには、今のご時世マスクは外せないですよね。

少なくとも、いつか人類がコロナを乗り越えて、マスクを外して素顔で外を歩けるまでは合わせて対策を行っていきましょう。

ここで勝手な予想なんですが、コロナが収束したら世界中でマスクを持った状態で以下のような画像がめちゃめちゃ流行ります。

この時のハッシュタグは、

#マスクを外そう

#Remove the mask

#World is one

です。よろしくお願いします。