過去とお金

#10 職場見学と自己負担の交通費

  • DS-MAXというものに関連する会社には注意!

「まずは職場見学に来てほしい」と言われる

求人広告を見て「とりあえず大きな会社ではなさそうだけど、応募してみよう」と思い、慣れない手つきで履歴書を書いて送りました。

それから2日ほど経ち、電話で連絡がありました。

会社の人
会社の人
まずはお話しながら職場の空気も見てほしいと思うのでご来社いただけますか?

そんな始まりだったと思いますがとにかく一度その会社に行ってみようと思い、専門学校の卒業式以来着ていなかったスーツを着てその会社へ向かいました。

午前10時頃、その会社の入り口(5階建てくらいの雑居ビル2階でした)の前まで行くと、何やらものすごく元気の良い声が聞こえます。

どんな話をしているのかまでは聞き取れませんでしたが「今日も頑張って行こう」というような掛け声だったと思います。

こちらがドアをノックしようとしたところ勢いよくドアが開き、中から出てきた人とぶつかりそうになった後、電話でお話をした方(その会社の社長でした)に招き入れられました。

会社の人
会社の人
どうも!お待ちしておりました。どうぞどうぞ!

出てこられた方は感じの良い方で、この人自体は今になっても善人だったんだろうなと感じています。

おとおしゃん
おとおしゃん
お名前も憶えているし同郷だったのでSNSでも知ってるから声かけたいけど、こういうのって久しく話していないと結構躊躇するよね。

生まれて初めての「面接」

中に入ると、思っていた以上に簡素な空間が広がっていました。

20畳ほどの部屋の真ん中をパーテーションで区切っており、椅子は数脚しかありません。

机も社長が座っていたとみられる事務机の他にはデスクと言えるようなものは少なく、壁はコンクリート打ちっぱなし。

パーテーションは収納になっており観葉植物や書籍などが置かれていましたが、そのほかはあまり飾り気もなく、床もフロアマットなどは敷かれておらずビルができたそのままの様子でした。

その直前で受けていたリクルートライフスタイルの説明会があったオフィスからするとかなりの差がありましたが、「個人の会社ならこういうものなのかな」と思っており、その点についてはあまり疑問視していませんでした。

その社長と対面の形で座るように促され席につくと、パーテーションで区切られた向こうからものすごく元気の良い掛け声が続けて聞こえてきます。

会社の人
会社の人
うちはこんな感じなんだよね。何かスポーツやってた?

「行ってきまーす!」「行ってらっしゃーい!」というような声の中、上のような話から出身地、これまでの経歴等面接としてはお馴染みの質問と会話をしました。

おとおしゃん
おとおしゃん
実はガチの面接というのは社会人7年目にしてここが2社目だった……(1回目はリクルートの一次面接)

その会社では時期によって商材を扱っているそうですが、そのときは新型のウォーターサーバーの契約を促進するプロモーションを行っているとのこと。

いくつか質疑応答をしてから「じゃあ、実際にどんな感じで仕事をしているのか見に行こうか」という話になりました。

実際の業務中の様子を見学。そして……

現場の見学へは地下鉄で行ったのですが、交通費は自腹。

おとおしゃん
おとおしゃん
まぁ、勤めてないんだしそれは当然かな、と思ってた。

会社から3駅ほど行ったところで降り、そこから地上に上がって大きなデパートへ入っていくと、ウインドブレーカーを着た男女2人がティッシュを配りながら行き交う人に声をかけています。

会社の人
会社の人
うちに入った人はまずみんな現場から。こう言った感じの催事で営業を学んでいくよ。

ティッシュを手渡し、お客さんの足を止めて、商材の説明。

シンプルかつ、その時は正直「嫌」でしたが、こういったことも一度は経験をしておくべきかも、と自分に言い聞かせていました。

帰りの電車に乗る前に近くの喫茶店に入り、感想とこれからの流れについての話がありました。

そして、一枚の紙を渡され先にオフィスに戻っておいてほしいと言われました。

会社の人
会社の人
あとでその紙について簡単なテストするよ。

と言われたので、まじめに暗記しようと帰りの電車中、その一枚の紙を見ていました。

その紙には確か、この後この会社で大事にするべき営業の流れ(5ステップ)について書かれていたと思います。

それから一足先にオフィスに戻ったと思ったら、すぐに社長が戻ってきました。

この後の説明を受けて、一つの決断を迫られることになります。