第一章:調理師

#2 働き方と稼ぎ方に疑問を持たなかった料理人初期

  • なんだかんだ言っても1日15時間勤務は異常だよ!
  • そのうえ総支給額13万円だったらやってらんないよね!
  • 料理人として働くんだったら正社員じゃなくてアルバイトでいいよ!
  • アルバイトのほうが約束された時給が出るよ!

そのうち日の目を見るだろうと楽観的だった1-2年目

調理師として働きだしてしばらくは、無我夢中で働きました。

というよりもとにかく毎日を消化してくことに必死でした。

飲食業界は実際に働いたこともある方も多いかもしれませんし、なんとなくでも「長時間労働」だったり休みが少ないといったりといったイメージがあったりするかもしれません。

チャチャ丸
チャチャ丸
そのイメージで有名な会社もあるでござるなw
 
おとおしゃん
おとおしゃん
こら。
 
実際、私が働いていた飲食店(一応フランス料理店でした)もご多分に漏れず拘束時間はかなり長かったです。
 
定休日は週に一日。繁忙期は休日返上で仕事をすることも多く、実際は年間330日くらい働いていたと思います。
 
おとおしゃん
おとおしゃん
(21連勤、1日休みの14連勤とかザラだったな……)
 

朝も遅くとも7時には出勤し、終わるのは遅ければ12時近い時間と売れ始めのベンチャー企業のような体制でした。

そして、月にいただける給料は、

13

それでも、当時は不思議と不満もありませんでした。

むしろ「若いころに贅沢はするものではない」となぜかあえて苦労をするものだ、という体育会系の思考だったので「いつかいい結果につながるはず」と考えて仕事を続けていました。

疑問を抱き始めた2年目の後期

そんな生活も丸二年くらい経過した頃、ふとアルバイトの求人広告を目にします。

正確な金額は覚えていませんが、居酒屋のアルバイトで時給が1,000円くらいだったと思います。

そこで「自分の仕事は時給でいくらくらいなんだろう」と思い、計算してみました。

先ほどの拘束時間等からお気づきの方もかなり多いと思いますが、ざっと計算しただけでも時給300円程度であることに気づいたのです。

朝7時から働いて、早く終わったとしても夜10時。

15時間拘束されて日給5,000円弱

若おとお
若おとお
……?あれ?アルバイトの方が割がよくない?

もちろん専門的な知識であったり「正社員じゃないと重要な仕事を任せられない」というのであれば話は別でしょうが、少なくとも個人経営のレストラン等でもアルバイトは募集されているところも多いです。

「お金」だけの面でいうとかなりうま味が少ない業種かもしれない、というのを遅ればせながら感じた出来事でした。

さらに圧し掛かりだした「お金の問題」

そしてこの頃、新たな問題が発覚します。

いえ本来は初めから認識しておくべきだったのですが、これまでの収入の少なさも相まって「見ないことにしていた」問題でした。

まずこの時の職場は個人経営のレストランだったため「社会保険」がありませんでした。

※後に税金対策のためか何かだったと思いますが、法人化しました。しかし退職するまで結局社会保険は付かず。

料理人として働きだしてからしばらくの間、重要そうな書類が届いても面倒がってしまい、そのまま放置していました。

そんな時にホテルに就職した友人と話す機会があり、社会保険の話になりました。

ホテルはよっぽどの所でなければ「会社」なので通常、社会保険はもちろんついています。

その友人は、手取りこそほとんど変わりはなかったものの「社会保険」それから「賞与」、さらには「有給休暇」がありました。

賞与自体は1.5ヵ月分程度と聞いていましたが、

若おとお
若おとお
めちゃめちゃリッチじゃねえか。

と感じたのを覚えています。